奄美大島 全室オーシャンビューの小さな宿 レストランも併設 ヴィラゆりむん_奄美の春夏秋冬

奄美の海

HOME > 奄美大島情報 > 奄美の春夏秋冬

奄美の大自然を味わう

奄美の春夏秋冬

DSC01785.JPG亜熱帯の気候で、1年を通して平均気温は21℃くらいです。

海水浴シーズンは7月から10月くらいまでです。5月のゴールデンウィークの頃でも、お天気がよければ海で泳ぐこともできます。

春(3・4月)と秋(10・11月)も、爽やかな気候でおすすめの季節です。


暖かな冬

ヒカン桜12月~2月は、奄美の温暖な冬の季節です。
12月には、島に点在する小さな教会にクリスマスのイルミネーションが灯りロマンチックです。
冬はさとうきびの収穫時期となり、さとうきびの穂が畑一面に広がる姿は幻想的です。

2月上旬には、ヒカンサクラ(緋寒桜) が満開となります。
ヴィラ ゆりむんから車で20分ほどの本茶峠(ふんちゃとうげ)の緋寒桜で、一足早いお花見はいかがですか。
また、冬の味覚タンカンのフレッシュな甘さは格別です。


タンカンヒカン桜協会


春から初夏へ 「若夏」

テッポウユリ3月になれば、すっかり春です。
天気も安定し、晴れた日などはかなり暖かくなります。

4月は、「若夏(うりずん)」の頃と呼ばれ、1年のうちでもっとも爽やかな気候といわれています。
この時期には、テッポウユリの花が島の各所で見られます。うりずんの青い空に大輪の白い花がよく映えます。

5月初旬のGWの頃には、お天気がよい日は海水浴を楽しむこともできます。


DSC02216.JPG海CIMG0238.JPG



奄美の梅雨

月桃5月中旬~6月下旬は梅雨の季節となります。
この頃、月桃(サネン)やノボタンの花が満開となり、淡くみずみずしい草木の様子を見ることができます。
5月下旬からは奄美プラム(すもも)の収穫時期となり、よく熟れたスモモは美味です。

うっそうとした原生林やマングローブの森が雨に濡れ、霧に包まれる光景もまた趣きがあるものです。


ノボタン月桃植物


夏 本番!

海7、8月の夏の季節は、奄美大島が最もにぎわう季節です。
美しい砂浜で思う存分に、海を満喫することができます。

また、パッションフルーツ、パイナップル、ドラゴンフルーツ、マンゴー、島バナナなど夏のフルーツも盛りだくさんです。


パイナップル朝食パッションフルーツデザート


秋 祭りの季節です

種おろし9月もまだまだ夏は続きますが、10月になる頃にはさすがの暑さも和らぎ、朝夕は涼しくなってきます。

奄美の秋は、「八月踊り」や、「種おろし」など島の伝統的なお祭りが各集落で催されます。サンシンの音に、太鼓、島唄が秋の夜に響きます。また、ハゼの木(うるし)が赤く紅葉する姿が島に訪れた秋を知らせてくれます。